閉じる
  1. プロペシアの副作用(初期脱毛)について
  2. プロペシアは近所の病院でも処方可能?
  3. プロペシアのジェネリックは実際効果ある?
  4. プロペシアの副作用は危険?
  5. 薄毛はやっぱり遺伝するものなの?
閉じる
脱毛

薄毛はやっぱり遺伝するものなの?

薄毛で悩む方は、家族や親戚で薄毛の方がいると将来的に遺伝するのではないかと心配してしまいます。
薄毛に悩むのは大半が男性です。
男性は、遺伝子情報が母方の祖父と祖母から受け継がれる可能性が高いです。
女性の遺伝子情報は父母から受け継がれ、例外を除き、男性に比べて薄毛の可能性は低いはずです。

薄毛の原因のAGA(男性型脱毛症)については、男性ホルモンが関係していると言われています。
髪の毛の発育に大きな役割を担っている、5aリダクターゼと呼ばれる物質は分泌量の限度が個人差であるので、髪が育たないうちに抜け落ちてしまいます。
遺伝的要素が全てではなく、薄毛の原因を調べる検査も専門機関で受けられるので、心配な方は病院に相談して下さい。

何より遺伝的要素を気にする前にやるべきことがあります。
対策として洗髪する時には優しく頭皮をいたわるように髪の毛を洗ったほうが痛めつけずに済みます。
育毛剤も症状に合わせて使用すると効果が得られます。
短い髪の毛が抜け落ちないように育毛しないといけません。継続して養毛しましょう。
食べ物に関しても脂っこいものを控えてビタミン、ミネラル、たんぱく質など必要な栄養素をバランスよく食べるのが大切です。
主に野菜や果物、特に海藻類は髪の発育に良い成分が入っているので、少しずつでも食べると栄養素が補えます。

薄毛対策でもう一つ大事なのはストレス管理をしっかりとすることにつきます。
職場や家庭問題などあらゆる場面でストレスを感じやすいです。
ストレスを感じすぎると頭皮の血行が悪くなり、結果として髪の毛が抜け落ちる可能性が出てきます。
そこで育毛剤を前もって使用し、頭皮に優しくマッサージを定期的に行うことで血行を改善できます。
どうしても遺伝的要因に悩まされてしまいますが、抜け毛について詳しく知り、行動に移すことで、髪の毛を大事にできます。

薄毛を遺伝する確率が高くても、対応策は多々あり、過度に心配する必要はありません。

薄毛が遺伝したら諦めるしかないの?

薄毛の原因はひとつの遺伝子で決まるものではありません。
先述の、母方の祖父が薄毛の場合、アンドロゲンレセプターというホルモン受容体に関する遺伝子が祖父から母親に引き継がれている状態になり、母親が薄毛でなくてもその原因遺伝子が自分に遺伝することがあります。
それに加えて、両親から遺伝する可能性のある、5αリダクターゼという脱毛に関わる物質の分泌量に関わる遺伝子が原因でなる場合もあります。
つまり母方の祖父だけでなく父親から直接遺伝する要因も存在するということです。

薄毛の遺伝子を持っているか心配な場合は、専門の病院で検査を受けることをおすすめします。
検査は髪の毛や口の中の粘膜を採取して調べるだけなので、採血なしで検査することが可能です。
また専門の病院が近くにない、または検査を受けることができない場合検査キットの使用もおすすめです。
これでもし検査の結果薄毛になる可能性があることがわかった場合、諦めるしかないのでしょうか。
実は薄毛は早期発見、早期対策をすることでその未来は大きく変わります。

まず大切なものは食べ物です。
偏った食生活をやめることはもちろんのこと、大豆や鶏肉からとれるたんぱく質、ニンジンやほうれん草に多いビタミンA、まぐろやチーズからとれるビタミンB、ごまや玄米でビタミンEを摂取することで、発毛を促進することができます。
また喫煙や過度な飲酒もやめましょう。
更に睡眠をとる時間帯も大切です。髪が成長する時間帯は、午後10時から午前2時の間だといわれています。
髪だけではなく肌の代謝等もあがり、古い細胞が新しい細胞へと再生される時間です。
そのため睡眠時間をなかなか削れない方は少なくとも午後10時から午前2時の間だけでも、しっかり睡眠をとることが大切です。

また育毛剤に頼ることも重要です。
薄毛の対策には発毛促進剤ではなく育毛剤であることがポイントです。
発毛剤とは毛根の最も深部である毛母細胞の働きを活発にし、髪が抜けた後に「新しい髪が生えてくる手助けをする」ものになるので、すでに薄毛に悩んでいる方向けのアイテムとなります。
育毛剤は血行を促進し、栄養を与えて保湿するといった髪の保護・成長を促すものなので、これから薄毛になる可能性のある方は、必ず育毛剤を使用しましょう。

このように薄毛が遺伝しても、さまざまな対策方法が挙げられます。
早期発見、早期対策で髪の寿命を延ばしましょう。

おすすめ記事

  1. 薄毛はやっぱり遺伝するものなの?
  2. プロペシアのジェネリックは実際効果ある?
  3. プロペシアは近所の病院でも処方可能?
  4. プロペシアの副作用は危険?
  5. プロペシアの副作用(初期脱毛)について

ピックアップ記事

  1. 薄毛で悩む方は、家族や親戚で薄毛の方がいると将来的に遺伝するのではないかと心配してしまいます。薄…
  2. 男性型脱毛症のAGA、これは治療である程度改善することがわかってきました。そのために必要なのがフ…
  3. 薄毛や抜け毛の悩みを解消することが出来る内服薬として、効果が実証されているのがプロペシアです。日…
ページ上部へ戻る